台湾の産後ケアセンターってどんなの?筆者の「月子中心」体験談

生活

台湾在住のみぃです。

私は2人の子供を台湾の病院で出産しました。

出産においては、台湾でするか日本でするか迷う方も多いと思いますが、私はあまり迷うことなく台湾を選びました。

理由はいくつかありますが、そのうちのひとつに台湾の「月子中心(産後ケアセンター)」を経験してみたかったというのがあります。

出産後にお母さんがゆっくり休める産後ケアセンターは一時期日本でも話題になりましたよね!

台湾で出産するからには入ってみたいなと思う方も多いはずなので、月子中心とはどんなものかや、私が利用した施設のご紹介をしたいと思います。

みぃ
みぃ

5年前の話になりますがご了承ください~。笑

 

スポンサーリンク

坐月子とは?

台湾を含む中華圏では、産後の女性は約1か月間、しっかり静養し栄養を取る坐月子(ヅオユエヅ)」という習慣があります。

みぃ
みぃ

「月子(月=1か月)」「坐(じっと坐る)」で「坐月子」らしいです!

坐月子の期間はいくつか決まりごとがあります。

例えば、

  • 冷たいものを触ったり飲食してはいけない
  • 入浴や洗髪をしてはいけない
  • 風にあたってはいけない
  • 薬膳スープを毎日食べなければいけない

などです。

これらをしっかりと守って十分に静養すれば更年期を楽に過ごせるとも言われており、台湾の女性はこの習慣をとても大切にしています。

みぃ
みぃ

ただ、さすがに今でも「洗髪しない」を1か月守っている人はいないかもしれません。

 

 

坐月子はどこでどのように行う?

坐月子を行うには主に次の3つの方法があります。

  1. 月子中心(産後ケアセンター)に入る
  2. 月子餐(産後ケアの食事)の配達サービスを利用する
  3. 月子保母(産後ケアシッター)をお願いする

後ほど詳しくご紹介する「月子中心」以外にも、「月子餐」「月子保母」を利用する方法があります。

台湾の女性はみんな産後ケアセンターに入ると思われがちですが実はそうではありません。

「自宅で母親の手伝いを受けながら、産後ケアの食事のみ配達を頼む」もしくは「産後ケアシッターさんに来てもらい、赤ちゃんのお世話や食事の用意をしてもらう」という選択をする人もたくさんいます。

「月子中心」は費用がとても高いので皆が皆利用するわけではありません。

坐月子はしっかりと静養することが目的なので、それが可能であるなら自宅でも構わないわけです。

 

月子中心とは?

月子中心(産後ケアセンター)とは、出産して退院したのち、お母さんがゆっくり身体を休め栄養を取るための施設です。

また、自宅に戻った後スムーズに育児ができるよう指導もしてもらえます。

月子中心でやってもらえること

月子中心を利用すると様々なサービスが受けられます。

施設によって少し内容が異なりますが、下記は大抵の施設が行っているサービスです。

  • ベビールームにて24時間赤ちゃんのお世話
  • 産後食の提供(3食+おやつ・夜食)
  • 月子茶(産後に飲む体に良いお茶)の提供
  • お母さんのケア(おっぱいマッサージなど)
  • 沐浴などのレクチャー
  • 小児科医による赤ちゃんの健康チェック
  • 母親教室(産後ヨガやベビーマッサージなど)
  • 旦那さんも宿泊可能

赤ちゃんのお世話は看護師の資格を持った方がしてくれるので安心です。

もちろん授乳の時間や赤ちゃんと一緒にいたいと思えばいつでも部屋に連れて来てもらえます

また、ベビールームには監視カメラがついているので部屋のモニターで見ることもできます。

月子中心の費用

さて、月子中心の気になる利用料ですが、病院と併設している割と低価格の施設から、独立型の高級施設まで、さまざまなグレードがあります

地域的な差はあるかもしれませんが、だいたい1泊4,000元~12,000元(約15,000円~45,000円)ほどです。

この費用に含まれるもの(例えばオムツやお尻ふき等)が施設によって異なるので、確認が必要です。

費用は年々高くなっているようで、実際私が利用した際も、同じ施設ですが1人目と2人目で費用が違っていました。

坐月子は本来1か月ほど行うものですが、月子中心の利用日数は希望に応じて自分で決められます。

ただし、それぞれの施設で最低宿泊数は決まっています

長く宿泊すると割引があったり、産後マッサージを無料で受けられたりするなど、長期利用者にはお得なサービスを行っている施設も多いようです。

 

予約の時期や探し方

月子中心の予約は早めに行うことをおすすめします。

人気の施設はすぐに埋まってしまいますし、「一番高い部屋しか残っていなかった!」なんてこともありますので、妊娠が分かればすぐに見学に行くほうが無難です。

月子中心の探し方ですが、「MamiGuide」というサイトの「找月子中心」から検索ができます。

会員登録すれば、料金の確認や見学の予約もできるようです。

月子中心を決める際、費用やサービス内容、清潔さなどがポイントになってくると思いますが、それ以外に大事なのは

  • 旦那さんが通勤しやすい場所にあるか
  • 食事が食べやすいものか
  • 上の子がいる場合、一緒に宿泊できるか

です。

特に、食事は毎日のことなので口に合わなければ辛くなってしまいます。

施設によっては内臓系が入った伝統的な食事を出してくるところもありますので、見学の際はメニューなどを詳しく聞いてみてください。

できれば試食もさせてもらいましょう

 

私がお世話になった産後ケアセンター

最後に、私が1人目と2人目の出産後にお世話になった月子中心を少しご紹介します。

新竹市にある「北澤國際產後護理中心」という施設です。

「國際」って書いてあるので英語が話せるスタッフがいるのかな?なんて期待しましたが(1人目に利用した際は中国語が全く分からなかった)、全然関係ありませんでした。笑

ここにした一番の決め手は食事が美味しかったこと。

「伝統的な食事メニュー」と「現代風の食事メニュー」のどちらか選べて、もちろん現代風にしたのですが、見学の時に試食ができて非常に食べやすかったです。

 

部屋の様子

私が入ったのはダブルベッドのスタンダードなお部屋です。1泊5,500元ぐらいでした。

2週間申し込むと1日無料の宿泊が付いてきたので、合計15日間滞在しました。

室内には冷蔵庫・テレビ・哺乳瓶消毒器があります。

掃除は毎日来てくれ、シーツの交換は1週間に1回でした(汚れてしまった場合はお願いすれば取り換えてくれます)。

坐月子の禁止事項に「洗髪」がありますが、部屋には普通にシャワーがついており、「洗ったらダメ」という注意も受けませんでした。

タオルの上に置かれているのは部屋着で、毎日これを着て過ごしました。授乳口があるので便利です。

この部屋着と自分の下着、もちろんタオルも毎日洗濯してもらえました

部屋のインターフォンで呼び出せば、お世話係のスタッフがベビールームから赤ちゃんを運んできてくれます。

逆に、お世話係のスタッフの方から「赤ちゃんがお腹空いているようなので、おっぱいをあげてもらえますか?」と連絡が来る場合もあります。

「夜はゆっくり休みたいから連れてこないでほしい」という場合は、搾乳した母乳なり粉ミルクなりを預けて事前に連絡しておけば、夜通しお世話をしてもらえます。

その際、「明日の朝は〇時に連れて来てください」と伝えておけば、その時間まで起こされることはないです。

みぃ
みぃ

1人目は罪悪感で夜中にも授乳しましたが、2人目の時は帰宅してから地獄が待っているのを分かっていたので、ここぞとばかりに休みました。笑

 

産後食(月子餐)

こちらがこの産後ケアセンターで出された食事。

「現代食メニュー」を選んでいたので、いたって普通の内容です。

ただし、朝食と夕食には必ず薬膳スープが付いてきます

この味が苦手だという人は多いかもしれませんが、私は好きでした。

朝食は麺やお粥が多かった気がしますが、たまにこういった洋食メニューも出てきます。

因みに毎日の献立表は初日にもらえるので、内容を見て苦手なものがあれば変更をお願いできます

私は苦手な魚があったので、お肉に変えてもらいました。こういったサービスは大抵の施設でやってもらえると思います。

おやつや夜食はこういった薬膳スープが多かったです。

一日に摂するスープの量が半端ないですよね!

これに加え、月子茶と呼ばれるこちらも漢方系のお茶が出されるので、とてもじゃないけど全部は飲みきれません。

食事の量も多いので、夫や娘と分け合って食べていました。

その他

こちらは赤ちゃんを預かるベビールームです。

来客の人もロビーでガラス越しに見ることができます。

どれが自分の子かすぐ分かるように、ぬいぐるみをぶら下げている人も多かったです。

沐浴の指導を受けているところです。

私が出産した病院では、産後に沐浴の指導がなかったので、産後ケアセンターで教えてもらえて本当に助かりました。

北澤國際產後護理中心は上の子の宿泊がOKだったので、2人目の出産後も利用することができました。

(*5年前の情報なので今はNGかもしれません。)

兄弟の宿泊ができる産後ケアセンターは少ないので(子供から赤ちゃんへの感染を防止するため)、2人目以降は自宅で坐月子する人が多いようです。

1人目出産時は中国語が全く分からず戸惑うことも多かったですが、2人目の時は少しは分かるようになっていたので、快適に過ごせました。

今とは少し内容が違うかもしれませんが、参考にしてもらえると幸いです(^^)

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました